身体と精神の影響

勃起が不十分であるためセックスが満足に行えない症状をED、日本語で勃起不全と言います。

 

基本的に年齢を重ねるとEDが増える傾向にあるのは身体の老化に伴って精力が減退するからですが、最近では若い方のEDが増えています。

 

その理由はストレスやプレッシャーなどによる心因性のEDが増えているからです。身体が原因でのEDは器質性と呼ばれますが、精神的な原因は心因性と呼ばれて年齢に関係なく発症します。

器質性のED

男性ホルモンの低下や、血管の障害、神経の障害等、身体の状態によってEDになるケースを器質性のEDと呼びます。

 

器質性のEDで特に多いのが男性ホルモンの低下と血管の障害ですね。男性ホルモンは20歳以降は加齢とともに減少していきます。

 

また血管年齢という言葉がありますが、血管は歳を取ると動脈硬化と言って硬くなって柔軟性を失います。勃起は陰茎の血管が拡張することで肥大化する現象ですから、動脈硬化が進むと勃起しづらくなってしまうのです。

 

神経に関しては糖尿病が原因となって神経障害を起こし、それが勃起に影響を与えるケースがあるためこちらも注意が必要ですね。

心因性のED

主にストレスやプレッシャー、緊張などが原因でEDになってしまうケースを心因性のEDと呼びます。

 

基本的に性的興奮が起こるのは実は精神がリラックスしているときです。また血管もリラックスしているときは拡張しやすく、緊張している状態だと収縮しますからリラックスがポイントなんですね。

 

仕事でのストレスはもちろん、妊娠などのプレッシャーや、不慣れなために起こる緊張などその理由は人によって様々。

 

また多いのが一度勃たないことを経験してしまうと「今回も勃たなかったらどうしよう」という緊張や不安で、EDになってしまうケースです。

 

このように心因性のEDは身体の状態に関係なく起こるため、年齢問わず発症するのです。

効果のある精力剤とは

残念ながらコンビニなどに置いてある精力剤はほとんど効果がありません。そもそも飲んですぐ効果を発揮する精力剤は存在しないのです。

精力アップを目指すのであれば、毎日飲み続けて体質を改善させることが必要です。また精力アップに必要な亜鉛やアルギニンがたっぷり含まれているものを選ぶことが重要です。

精力剤選びの参考にしていただければと思います。

効果のある精力剤